スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』(河出書房新社)

2012年09月09日 09:09


屍者の帝国屍者の帝国
(2012/08/24)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る



19世紀末――かつてフランケンシュタイン博士が生み出した、死体より新たな生命「屍者」を生み出す技術は、博士の死後、密かに流出、全ヨーロッパに拡散し、屍者たちが最新技術として日常の労働から戦場にまで普及した世界を迎えていた。後にシャーロック・ホームズの盟友となる男、卒業を間近に控えたロンドン大学の医学生ジョン・H・ワトソンは、有能さをかわれて政府の諜報機関に勧誘されエージェントとなり、ある極秘指令が下される。世界はどこへ向かうのか? 生命とは何か? 人の意識とは何か?若きワトソンの冒険が、いま始まる。
河出書房新社の公式HPはこちら
毎日.jpでの円城塔さんのインタビュー記事へのリンク等、内容が充実しています。


そいつはつまり脂肪の塊のような代物だ。この時代、歩く脂肪にはこと欠かないし、脂肪の方でも文句は言わない。屍者の脂肪をダイナマイトに置き換えるのに化学的な困難はない。単に常識が立ちはだかって思いつきにくい工夫というだけである。この科学の世紀においては、可能なことはいずれ実現され、遅いか早いかの違いが存在するだけだ。
(pp38)

「物語とは厄介なものです。ただ物語られるだけでは足りない。適した場所と適したときに、適した聞き手が必要なのです」
(アレクセイ・フョードロヴィッチ・カラマーゾフ、pp133)

屍者にしか見えない生者。屍者しか見えない屍者。生者にしか見えない屍者。
今、わたしの目の前で、峠を埋め尽くした氷の塔が次々天へ伸びていく。屍者たちが蟻のようにとりついて、蟻塚は空を目指して伸び続ける。(略)それらの塔は既に建ってしまっているのだとわかる。彼らには時間というものがないのだから未来に実現されるものさえも既に存在してしまっている。こうして造られていくものは、既に造られ終わったものだ。
「屍者の帝国」
わたしの背後で、ハダリーが言う。
わたしの額に、冷たい手を置く。
(pp200)

「あんたは、生命とはなんだと思う」
笑い飛ばされるかと思ったが、振り返ったバーナビ―は不思議そうな顔で淡々と告げた。
「性交渉によって感染する致死性の病」
(ジョン・ワトソン、フレデリック・バーナビ―、pp319)

わたしはカップを皿に戻す。
「天才の最後の世紀も終わる、か」
天才たちの世紀は終わり、大量生産、大量消費へ向けた技術の時代が訪れる。天才の失われる時代では、天才にしか造りえない存在は生まれえない。当たり前の事柄だろう。
(pp447)

一足先に、未来を覗きに行かせてもらう。わたしたちから奪われ失われている未来の姿を。わたしがそこで自らの魂を見出すことができたなら、またいつか出会う機会もあるかも知れない。地上でにせよ。地獄でにせよ。エデン。あれはちょっと人間に耐えられる世界ではなさそうだったが。もしもあちらが良い世界だったら――いや、そんなことはありえないとわたしたちは理解している。
(pp454)



 こんにちは、mayaです。
 信じられないほどの奇跡だったのだと思います。2006年に伊藤計劃さんと円城塔さんが第7回小松左京賞で共に最終選考に残り、どちらもまさかの落選。その後、どちらの作品も持ち込みからハヤカワJコレクションにて刊行され、2007年の『SFが読みたい!』において伊藤さんの『虐殺器官』と円城さんの『Self-Reference ENGINE』がワンツーフィニッシュを決める。その経緯も含めて、二人の新人作家は互いに親交を深めていきます。

 驚異の新人たちの出現。それは同時に日本SFにとって黎明だったはずですが、2009年に伊藤さんはあまりにも早すぎる逝去。一方、『オブ・ザ・ベースボール』以降、文芸シーンにも躍り出た円城さんは『烏有此譚』で三島賞、『これはペンです』で芥川賞候補となり、今年、『道化師の蝶』で同賞を射止め、今となってはSF作家というよりも文芸作家として広く認知されています。

 この二人が今もSFを書き続けていたらどうなったのか? ――といった、たら、ればの話はSF好きのメランコリー以外の何物でもないとは思いますが、本作は語弊を恐れずに言えばスチームパンクとネクロフィリアの合わせ技による日本発のニューウィアードという以外にも、先の問いに対する円城さんの一つの回答だということができると思います。  


 物語の冒頭は、まるでライトノベルのような軽快な出だしからはじまります。19世紀後半も半ばを過ぎ、ロンドン大学医学部の授業を受けていたのはジョン・ワトソン。そして颯爽と壇上に登場したのはエイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授。しかも、教授は屍者蘇生について生徒たちに語りはじめ、気に入ったワトソンをとある古い建物へと誘います。そこでワトソンを待ち受けていたのは、第二次アフガン戦争に軍医として従軍しつつ、軍事探偵(諜報活動)をしてほしいという内容の依頼でした。

 ワトソンはその任に就き、ウォルシンガム機関の青年クリ―チャー(通訳兼記録役)のフライデーと共にボンベイへと赴きます。そこではインド副王リットンから歓待を受け、また大英帝国陸軍所属フレデリック・ギュスターヴ・バーナビ―大尉と出会い、クリミア戦争の裏で暗躍した屍者の一団と、それを引き連れて今ではアフガニスタン北方に屍者の王国を築こうと目論む逆賊アレクセイ・フョードロヴィッチ・カラマーゾフを追うことになります。

 アフガン北方に潜入し、ロシア帝国情報部員のクラソートキンとも行動を共にしたワトソンたちは、カイバル峠の野営地でハダリーと名乗る女性に出会い、「アダムにお気をつけなさい」と謎の警告を受けます。そして、ワトソンたちはついにカラマーゾフのもとへとたどり着き、この接触が大英帝国とロシア帝国とカラマーゾフたちによって仕組まれた隠密外交であったことを知らされ、ある有益な情報を引き出します。それは新型の屍者に関するあらゆる技術要件を記したノートの写本が日本政府に渡ってしまったということ。さらにカラマーゾフはこう続けるのです。

「とても入り組んだ話なのです。発端がどこにあるのかわからないほどに。その気になればこの世のはじまりから、アダムから話をはじめられるくらいです。しかしやはり――『ザ・ワン』からはじめるのが適切でしょう」

 ザ・ワン――それは一世紀も前にインゴルシュタットの研究室でフランケンシュタインが創造したオリジナルのクリーチャー。そんな呪われたアダムから屍者は量産されるようになり、クリミア戦争では軍事転用もされ、それでいながらザ・ワンは北極に消えたとされています。しかし、ニコライ・フョードロフの協力もあって、実際のところその行方は知られていません。 

 結果として、アフガンでの短い旅路を終えたワトソンたちは、足跡もつかめていないザ・ワンよりも、確実な手掛かりを求めます。そうです、こうしてワトソンたちは大日本帝国へと赴くのでした――


 といったところが、本作のプロローグと第一部をまとめた三分の一ほどのあらすじなります。その後、舞台は大日本帝国、アメリカ合衆国のサンフランシスコ、フィラデルフィアとまたいでノーチラス号も出てきて、再び大英帝国へと戻っていくといった世界一周ロードノベルの呈をなしていくわけですが、いずれにしても、イギリス、ロシア、日本、アメリカの近現代史、科学史と文学史を知っていればよりにやにやできるといった衒学趣味は円城さんの真骨頂と言えるでしょうか。実際、『Boy’s Surface』のような突拍子さはなく、エンターテイメントとして非常に優れています。今年のベストファイブには確実に喰い込む作品だと言えるでしょう。

 そして何より三年前に亡くなった伊藤計劃さんに対し、作中にて三年ほどをワトソンの通訳兼記録係として共にしたフライデーの最期の言葉を借りて、円城さんが残したメッセージが胸を打ちます。もしカラマーゾフの言葉通り、「ただ物語られるだけでは足りない。適した場所と適したときに、適した聞き手が必要」だというのなら、わたしは良き聞き手であったのではないかと自負したい。そう強く思いたい。

 だからこそ、ワトソンとフライデーに、あるいは伊藤計劃さんと円城塔さんに「ありがとう」と応えたいです。ちょっとばかし感傷的に過ぎますが、以上、本作の拙いレビューになります。



◆関連
【定期】9月1週目のお気に入り

スポンサーサイト

【小説】2010年度ベスト

2010年12月30日 01:46


 こんにちは、mayaです。
 今年も残すところ、あと一日となりました。そんなわけで、前回に引き続き、2010年に聞いて、観て、あるいは読んで良かったものについての簡単なメモとなります。今回は、一般の文芸・エンターテイメント小説に関して――


【2010年 文芸・エンターテイメント・ベスト】


◆文芸


 
音もなく少女は (文春文庫)音もなく少女は (文春文庫)
(2010/08/04)
ボストン テラン

商品詳細を見る


◇ボストン・テラン、『音もなく少女は』(文春文庫)

 ボストン・テランがこんなふうに確変するとはッ! というまさに驚きの一冊。
 10年ぐらい前に『神は銃弾』(文春文庫)で『このミス』の一位を取ったときには、書店員から「こんなエログロ、売れねーよ」と散々に叩かれたわけですが、それから紆余曲折を経て、本作のように重く、それでいて清々しく、何よりも乾坤一擲、力強い作品を書き上げてきたのだから本当に恐れ入ります。
 昔から、この作者はどうしようもない男たちと、そんな男に翻弄されながらも必死に生き抜こうとする女性を描くのが非常に上手かったわけですが、本作は、まさしくその本領発揮といっていいでしょう。どうしてもミステリとして紹介されがちな本作ですが、実のところ、女性たちの生き様を描いた2010年度最高の文芸作品だと思います。


 
おっぱいとトラクター (集英社文庫)おっぱいとトラクター (集英社文庫)
(2010/08/20)
マリーナ・レヴィツカ

商品詳細を見る


◇マリーナ・レヴェッカ、『おっぱいとトラクター』(集英社文庫)

 ボストン・テランの作品の後に、おっぱいはないだろうと思われるかもしれないけどw、84歳のおじいちゃんが48歳も年下のウクライナ人の女性を後妻に迎えたことで生じるドタバタコメディを主軸にしつつも、東欧で翻弄され続けたウクライナの歴史を重厚に切り取ってみせたこの作者の手腕には、まさしく脱帽の一言。
 コメディパートは、イギリス映画の『ウェイクアップ・ネッド!』を思い出させるようなてんやわんやなユーモアが満載で、その一方で、ウクライナ人女性の凄惨なルーツにはつい愕然とさせられてしまう――移民、紛争とアイデンティティ、そして恋愛と家族にまつわる本年度最高の物語。


◆SF


 
ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
(2010/09/22)
テッド・チャン、クリストファー・プリースト 他

商品詳細を見る


◇大森望編、『ここがウィトネカなら、きみはジュディ』(ハヤカワ文庫SF)

 SFマガジン創刊50周年記念アンソロジーの第二段として、「時間SF」をテーマに大森望さんが編集したアンソロジー。収録作家は、テッド・チャン、クリストファー・プリ-スト、エフィンジャー、シルヴァーバーグやスタージョンなど。
 とにもかくにも、収録作品のクオリティがとても高くて、一つの外れもなし。「時間ロマンス」、「奇想」と「時間ループ」をテーマにした三部構成となっていて、個人的に最も気に入ったのは、イアン・ワトスンの『彼らの生涯の最愛の時』――語り口がとてもユーモラスで、タイムトラベルものらしい読後感の爽やかさもあって、そんな一口で二度美味しいストーリーに盛大な拍手です。
 ちなみに、他にも、「宇宙開発」をテーマとした中村融さんのアンソロジー、あるいは「ポストヒューマン」をテーマにした山岸真さんのものもすでに発売されていて、それぞれ、本作に負けず劣らずのクオリティです。


 
ハンターズ・ラン (ハヤカワ文庫SF)ハンターズ・ラン (ハヤカワ文庫SF)
(2010/06/30)
ジョージ・R・R・マーティン、ガードナー・ドゾワ 他

商品詳細を見る


◇ジョージ・R・R・マーティン、ガードナー・ドゾワ&ダニエル・エイブラハム、『ハンターズ・ラン』(ハヤカワ文庫SF)

 最近、ツイッターのTLで共作の話をちらほらと見かけるのですが、本作は1977年にガードナーがアイデアを起こし、マーティンと共同で作品を膨らませたものの、82年以降、20年間もガードナーの書斎に眠ることとなり、その後、困ったガードナーが若手のエイブラハムにぽいと放り投げ、若さゆえの過ちなのか、大幅に作品を削除して書き足しまくったエイブラハムをマーティンがなだめすかし、こうして、ついに再びガードナーのもとへと戻って日の目を見ることとなった作品――
 ジョージ・R・R・マーティンの名前がタイトルの下にドンッと載っているために、マーティンの作品なのかなと思いがちですが、文章の割合としてはエイブラハムの方が多いようで、実のところ、マーティンほどの凄みといったものはありません。とはいえ、ダメ男によるダメ男のためのダメ男ブルーズ全開の冒険SFとなっていて、「よう、ダチ公、たとえダメ男だってこんなにカッコいい生き様を見せられるんだぜ!」といったふうな2010年度の『SFが読みたい』でも一位が有力視されている、見事なおっさんほいほいSFです(すげえほめてます)。


 
去年はいい年になるだろう去年はいい年になるだろう
(2010/04/02)
山本 弘

商品詳細を見る


◇山本弘、『去年はいい年になるだろう』(PHP研究所)

 出版元で敬遠する人もいるかもしれないけど、2010年度のタイムトラベルものの傑作です。PHPだからといって、食わず嫌いだと損をします。でも、もうちょっとマシなところから出してほしかった……
 とはいっても、今回は、山本弘さん特有のハードSFとはちょっとばかし事情が異なり、ご本人が「私小説」だと紹介しているとおり、主人公は45歳の家庭をもったSF作家。そして、未来からガーディアンと名乗るオーバーテクノロジーを持ったアンドロイドがやってきて、「人を不幸から守る」という名目で、どんどんと歴史を改変していくことになります。それに対して、主人公はもうてんやわんや。
 ここ最近の山本弘さんの評価を決定づけてきた、『アイの物語』(角川文庫)、『MM9』(創元SF文庫)などと比べると、少しばかり物足りなさもありますが、さらりと読めて、SFテイストにも溢れ、ラストにグッとくること受け合いな良質な作品だと思います。


 
英雄たちの朝 (ファージングI) (創元推理文庫)英雄たちの朝 (ファージングI) (創元推理文庫)
(2010/06/10)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る
 
暗殺のハムレット (ファージング?) (創元推理文庫)暗殺のハムレット (ファージング?) (創元推理文庫)
(2010/07/27)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る
 
バッキンガムの光芒 (ファージング?) (創元推理文庫)バッキンガムの光芒 (ファージング?) (創元推理文庫)
(2010/08/28)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る


◇ジョー・ウォルトン、《ファージング》シリーズ(創元推理文庫)

 ミステリ、サスペンスやSFといったジャンルをクロスオーバーした改変歴史小説。そういう意味では、昨年のマイケル・シェイボンの『ユダヤ警官同盟』(新潮文庫)に近いかもしれませんが、シェイボンの作品のような重苦しさや、ユダヤの歴史を知らないと読み難いといったようなハードルは全くありません。
 本作は三部作で、それぞれ、ちょっとばかし色合いが違います。たとえば、一作目の『英雄たちの朝』は古典的なミステリ、二作目の『暗殺のハムレット』はスパイもの風味のサスペンス、三作目の『バッキンガムの光芒』はさながらジェットコースタームービーといったふうで、いずれにしても良質なエンターテイメントに仕上がっています。
 2010年度の『SFが読みたい』における『ハンターズ・ラン』の対抗であり、むしろ本命といってもいいでしょう。三作もありますが、上記のとおり、それぞれで風味が違うので、時間をかけて楽しむのも吉です。


◆ミステリ(サスペンス)


 
ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2010/04/30)
ジョン・ハート

商品詳細を見る
 
ラスト・チャイルド(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ラスト・チャイルド(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2010/04/30)
ジョン・ハート

商品詳細を見る


◇ジョン・ハート、『ラスト・チャイルド 上・下』(ハヤカワ・ミステリ文庫)
※ハヤカワ・ポケット・ミステリからも同時出版

 この作者はデビュー作の『キングの死』(ハヤカワ・ミステリ文庫)から一貫して、同じテーマをずっと書き続けています――それは父親との対峙、そして家族愛。寡作ながらも、すでに若手ハードボイルド作家の第一人者としての名声をほしいままにしていて、テーマは重く、その筆致も深い余韻を残します。
 本作でも、その力量はいかんなく発揮されていて、妹の失踪事件を機にバラバラとなってしまった家族のもと、13歳の少年ジョニーは身の危険をかえりみず、怪しい近隣の人々を監視し続けます。誰も信じられないという孤独。温かかった家族がまた戻ってくるのではないかという希望。そして、年相応の苦悩、葛藤、空しさやもどかしさ。そんなたった13歳の少年の人生という名の物語。
 早川書房創立65年、ハヤカワ文庫40周年を記念した作品であり、MWA(アメリカ探偵クラブ)賞長編賞、CWA(英国推理作家協会)賞をダブル受賞している作品です。つまり、これを読まなきゃ、2010年度は年を越せないといったところです。多くは語りません。ぜひ、どうぞ。


 
フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)
(2010/09/25)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る
 
フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫)フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫)
(2010/09/25)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る


◇ドン・ウィンズロウ、『フランキー・マシーンの冬 上・下』(角川文庫)

 タランティーノの『パルプ・フィクション』のように、面白いぐらいにどんどんと人が死んでいきます。本作は、そんなマフィアものの真骨頂であり、老いた殺し屋フランキー・マシーンのロード・ノベルでもあります。
 最初の50ページの安穏な生活を抜けたあたりから、一気にスピードアップ。本当の黒幕は誰なのか、そして裏切っているのは誰なのか、フランキー・マシーンは本当に窮地を脱することができるのか――そんなコンゲームのような心理合戦も楽しく、最良のページターナーとなることでしょう。
 惜しむらくは、日本人にとってはマフィアのファミリーネームなどが覚えづらく、最初のキャラクター紹介のページを何度も行ったりきたりする羽目になるといったところでしょうか。それでも、本年度ナンバーワンのサスペンスであることは揺らぎません。


 
失踪家族 (ヴィレッジブックス)失踪家族 (ヴィレッジブックス)
(2010/08/20)
リンウッド ・バークレイ

商品詳細を見る


◇リンウッド・バークレイ、『失踪家族』(ヴィレッジブックス)

 不思議なことに、今年は失踪モノの傑作が続きました。ジョン・ハートの『ラスト・チャイルド』も良いけど、こちらはむしろ、ミステリらしい謎解きとスリリングな展開で一気に読ませるエンターテイメントです。
 本作で特徴的なのは、失踪事件で取り残された少女シンシアを主役に置いたのではなく、その後にシンシアと結婚した夫が「わたし」という一人称で語るといったギミックでしょう。テレビ番組に出演したことで、シンシアの周囲に不可解な出来事が頻発するようになり、ついには殺人事件まで起こります。そして、「わたし」はシンシアさえも疑いはじめます。何が真実なのか。いったい、過去に何があったのか。
 中盤まで、全く展開の読めないストーリーは圧巻の一言。セバスチャン・フィツェックの『治療島』(柏書房)に近いといったところでしょうか。

【小説】素敵なタイトル

2010年12月26日 20:46

 こんにちは、mayaです。

 こないだ、とある投稿サイトの交流用掲示板に「素敵なタイトル」というスレが立っていたのですが、わたしが気づいたときにはすでにスレもまったりと終わっており、とはいえ、つれづれなるままにわたしもいくつか思いついてしまったので、こうしてブログにまとめてみることにしました。一つのジャンルにつき五タイトルという縛りを設けています――


◇ライトノベル
・『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』(桜庭一樹、角川文庫)
・『さよならピアノソナタ』(杉井光、電撃文庫)
・『時の果てのフェブラリー』(山本弘、角川スニーカー文庫)
・『脳Rギュル ふかふかヘッドと少女ギゴク』(著:佐藤大、原作:夢野久作、小学館ガガガ文庫)
・『ブギーポップは笑わない』(上遠野浩平、電撃文庫)

◇文芸
・『愛と幻想のファシズム』(村上龍、講談社文庫)
・『或阿呆の一生』(芥川龍之介、新潮文庫等)
・『永遠も半ばを過ぎて』(中島らも、文春文庫)
・『エル・アレフ』(ホルヘ・ルイス・ボルヘス、白水社uブックス)
・『存在の耐えられない軽さ』(ミラン・クンデラ、集英社文庫)

◇SF
・『あなたの人生の物語』(テッド・チャン、ハヤカワ文庫SF)
・『アルジャーノンに花束を』(ダニエル・キイス、ダニエル・キイス文庫)
・『時をかける少女』(筒井康隆、角川文庫)
・『たった一つの冴えたやりかた』(ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア、ハヤカワ文庫SF)
・『天の光はすべて星』(フレデリック・ブラウン、ハヤカワ文庫SF)
 ※SFは良いタイトルの宝庫だと思います。他にもたくさん!

◇ミステリ
・『あなたに不利な証拠として』(ローリー・リン・ドラモンド、ハヤカワ・ポケットミステリ)
・『女には向かない職業』(P・D・ジェイムス、ハヤカワ・ミステリ文庫)
・『そして誰もいなくなった』(アガサ・クリスティ、ハヤカワ・ミステリ文庫)
・『独白するユニバーサル横メルカトル』(平山夢明、光文社文庫)
・『封印再度 WHO INSIDE』(森博嗣、講談社文庫)
 ※逆にミステリは即物的というか、そっけないタイトルが多い気もします……

◇ファンタジー(ダークファンタジー、ホラーを含む)
・《新しい太陽の書》(ジーン・ウルフ、ハヤカワ文庫SF)※日本ではシリーズ名
・『死者の書』(ジョナサン・キャロル、創元推理文庫)※原題は異なります
・『世界の合言葉は森』(アーシュラ・K・ル=グウィン、ハヤカワ文庫SF)
・『瓶詰の地獄』(夢野久作、角川文庫)
・『人間椅子』(江戸川乱歩、角川文庫等)

◇その他
・『悪の華』(ボードレール、新潮文庫等)
・『死にいたる病』(キルケゴール、ちくま学芸文庫等)
・『書を捨てよ 町へ出よう』(寺山修司、角川文庫)
・『メッセージ イン ア ボトル』(ニコラス・スパークス、ソニーマガジンズ)
・『もしも世界が100人の村だったら』(C.ダグラス・ラミス、マガジンハウス)


 もっと思いつけそうなんですが、それはまたの機会にしましょう。今年のクリスマスは皆さん、いかがおすごしだったでしょうか。もうそろそろ年末となりますが、よいお年をお過ごしくださいorz


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。