スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【音楽】2010年度邦楽ベスト

2010年12月31日 17:41

 こんにちは、mayaです。
 今年も残すところ、あと10時間を切りました。そんなわけで、これまでに引き続き、2010年に聞いて、観て、あるいは読んで良かったものについての簡単なメモとなります。今回は、音楽に関して――



【2010年 邦楽・ベスト】


 
amp-reflection(初回生産限定盤)(DVD付)amp-reflection(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/04/14)
school food punishment

商品詳細を見る


◇school food punishment、『amp-reflection』

 アニメ『東のエデン』のEDテーマ「futuristic imagination」でメジャーデビュー、その後、ハイセンスなシングルを出し続け、同じく映画の『東のエデン』のEDを二回に渡って担当。それら全てのシングルを含めた、メジャーデビュー・アルバムがこちら。
 都会的で洗練された雰囲気をもったデジタル・ロックを中心にしつつも、インディーズの頃のとがった部分よりも、多くのリスナーが聴きやすいポップさを追求していて、それにも関わらずR&B、ラウド・ロックやテクノの要素をふんだんに散りばめているといった、何とも意欲的な作品です。
 なお、インタビューによると、タイトルの意味は、amp(自分の中にインプットされたものが増幅されること)- refleection(それが色んな人々に反射して返ってくること)とのこと。




 
SOLID BREAKS UPPER(初回限定盤)(DVD付)SOLID BREAKS UPPER(初回限定盤)(DVD付)
(2010/05/12)
ザ・ジェッジジョンソン、YMCK 他

商品詳細を見る


◇ザ・ジェッジ・ジョンソン、『SOLID BREAKS UPPER』

 TOWER RECORDにふらりと寄って、視聴してみて大発見だったのがこのエレクトロ・ロックバンド。キャリアとしては、メジャーではすでに三枚目のアルバムとなり、インタビューによると、このアルバムで目指したものは「ポップンミュージック」とのこと。実際に、収録されている作品のメロディーがとても心地よく、これまでのアルバムで培ってきたことをよりソリッドに、そして新しいものへとブレイクし続けていくことをタイトルとして高らかに宣言しています。
 個人的なお気に入りは、「close to me」、YMCKをfeatした「clear mind」。少しだけ残念だったのが、アルバムに先立って発表されたシングル「tomorrow」が収録されていなかったこと。

 
 ザ・ジェッジ・ジョンソン、『tomorrow』(公式)




 
NicheシンドロームNicheシンドローム
(2010/06/09)
ONE OK ROCK

商品詳細を見る


◇ONE OK ROCK、『Nicheシンドローム』

 今や、日本のロックシーンを代表するバンドに伸し上がったONE OK ROCK。武道館にて行われたライブを収めたDVD『THIS IS BUDOKAN! 2010.11.28』も2011年に発売されることが発表され、最も勢いに乗っているといっていいでしょう。
 2009年5月、ギターのAlex脱退後の活動休止期間を経て、ライブにて高らかに歌われた「完全感覚Dreamer」、その余韻も覚めやまないうちに2010年2月にシングルとして発表され、2010年6月には本作、4thアルバム『Nicheシンドローム』をリリース。
 パーフェクトだった3rdアルバム『感情エフェクト』と比べて、かなりヘヴィで、より攻撃的で、アルバムのジャケットにあるとおり、まさに日本をこのバンド色に染め上げてしまおうかというぐらい力強い曲が並んでいます。
 先述のDVDと同時期にニューシングルのリリースも予定されていて、2011年もさらなる飛躍の年となるにちがいありません。

 
 ONE OK ROCK、『完全感覚Dreamer』(公式)




 
革命エントランス革命エントランス
(2010/09/29)
Jeepta

商品詳細を見る


◇JEEPTA、『革命エントランス』

 今年デビューしたロックバンドでは、個人的に猛烈にプッシュです。メジャーデビュー・シングルとなった『日進月歩』、そしてテレビ東京の『JAPAN COUNT DOWN』のEDに起用された『理想郷』、この二作だけでリスナーの心をがっちりと掴んで、2010年9月にメジャーデビュー・アルバムとなる『革命エントランス』を発表。
 詳しいことについては、すでにブログ内にて記事をアップしているので、そちらを参照ください。とにもかくにも、今後が最も楽しみなバンドです。

 
 JEEPTA、『日進月歩』(公式)




 
GoldfingersGoldfingers
(2010/10/27)
東京スカパラダイスオーケストラ、奥田民生 他

商品詳細を見る


◇東京スカパラダイスオーケストラ、『Gordfinger』

 実のところ、スカパラのアルバムを買ったのは、2007年のベストアルバムぶりというわけで、それほど熱心なファンではなかったのですが、上原のぞみさんをfeatしたシングル『水琴窟』にて一発でノックダウン。PVのかっこよさ、楽曲の素晴らしさにやられて、すぐにアルバムを買い求めました。
 スカパラといえば、その圧倒的なライブパフォーマンス、そしてオリジナル・ラブの田島貴男さんや奥田民生さんなどとのコラボレーションで有名ですが、個人的には、今回のコラボレーションはスカパラ最大の成果といってもいいんじゃないか、というほど惚れ込んでいます。
 ちなみに、このアルバムには、他に中田ヤスタカさんによるREMIXなども入っています。

 
 東京スカパラダイスオーケストラ、『水琴窟 feat.上原のぞみ』




◇その他

 
・birds melt sky、『ミライミライ』(公式)

 
・アーバンギャルド、『傷だらけのマリア』(公式)

 
・雅 –miyabi-、『TORTURE』(公式)

 
・★STAR GUiTER、『FUTURE』(公式)

 
・大橋トリオ、『HONEY』(公式)




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。