スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【定期】5月4週目のお気に入り

2012年05月26日 23:59


 こんにちは、mayaです。
 今さらですがアントニオ・タブッキの訃報を知ってからというもの、ちと何もやる気が起きません。そんな一週間でした。
 それではお話にならないので、少しぐらいは気を取り直して、6月4週目の個人的にお気に入りメモを残します。


【小説】
 
アトリックス・ウルフの呪文書 (創元推理文庫)アトリックス・ウルフの呪文書 (創元推理文庫)
(2012/05/11)
パトリシア・A・マキリップ

商品詳細を見る

 マキリップの作品を読んでいると、彼女の織り成す独特な世界にいつも飛ばされてしまいます。それは詩的とは違うしく、美的とも違うし、きっと、ただ、ただ、独創的で幻想的なのだと思います。硬質なハイ・ファンタジーではありますが、読みだしたら止まりません。何より、この世界から帰ってきたくなくなってしまう。厨房のシーンは見事。何より最後のシーンは本作中の白眉。


【漫画】
 
REALPG(1) (ガンガンコミックスONLINE)REALPG(1) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/05/22)
堂本 裕貴

商品詳細を見る

 悪く言うなら、『ソードアートオンライン』と『アクセルワールド』を足して二で割ったところでしょうか。MMORPGで特殊能力を持ったキャラが戦い、主人公にはツンデレヒロインがついてくるといった感じで、たまに出てくる中二病台詞以外にはまだ売りがないかなあといったところですが、とらのあなで猛プッシュされて面陳されていたのでGET。続きで化けるかどうかでしょうか。

 
無限の住人(29) (アフタヌーンKC)無限の住人(29) (アフタヌーンKC)
(2012/05/23)
沙村 広明

商品詳細を見る

 思えば遠くへ来たもんだ~♪ 槇絵さんまじかっけえッス。凛ちゃんもよくやった。何というか、女性キャラが完全に食っています。


【音楽】
 
 SiM『Amy』(公式)
 
LiFE and DEATHLiFE and DEATH
(2012/05/02)
SiM

商品詳細を見る

 あ、危ない……SiMのミニアルバムをGETするの忘れるところでした。今作はダブ、レゲエやケルトっぽい感じも含めてかなり色んなジャンルをミクスチャーしています。スピード感は変わらず。本当にかっこいい。


【その他】
 こないだ書店に行って、珍しくアントニオ・タブッキでコーナーが作られているなあと思って見たら、何と追悼特集……さすがに言葉を失いました。どうやら3月25日に亡くなられていたとのこと。
 学生時代、タブッキはわたしのアイドルのような存在で、タブッキが傾倒していたフェルナンド・ペソアというポルトガル作家の詩集を読む為だけに一日かけて中央図書館や国会図書館をはしごしたこともあります。わたしにとっては文章の先生であり、同時にいつもベッドの横に置いてたまにぱらぱらとめくるといった作家でもありました。タブッキの作品との邂逅はとりもなおさず、須賀敦子さんとの出会いでもあり、須賀さんが亡くなってからは少し遠ざかっていた時期もあったのですが、今、改めてタブッキを読んでみると、自分の描きたいシーン、よく使っている比喩などが随所にあって、ずいぶんと影響を受けたんだなあと思います。
 きっと、タブッキのことだから天国に行っても、学者をやりつつも、ペソアと文学談義をしていそうですが、どうか心からのご冥福をお祈り申し上げます。
 最後に、もしこの拙文を読んで、少しでもタブッキに興味を持っていただいた方の為に、入手しやすく、また分かりやすい作品を三冊紹介します――

 
インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
(1993/10)
アントニオ タブッキ

商品詳細を見る

 タブッキのベストセラー。一番とっつきやすい作品だと思います。気に入った方は次に『遠い水平線』(白水Uブックス)に進むのが吉だと思います。

 
逆さまゲーム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)逆さまゲーム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
(1998/08)
アントニオ タブッキ

商品詳細を見る

 短編集。分かりやすい作品ではないかもしれませんが、本作に収められている『行き先のない旅』がわたしにとってのベスト。詩人の最期の発狂と、宝石のような遠景は今も忘れることができません。

 
供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
(2000/08)
アントニオ タブッキ

商品詳細を見る

 タブッキの作品の中では珍しい政治小説。タブッキの作品は全体低位にサスペンスを基調として、そこに独特な浮遊感といったファンタジーを織り交ぜてきますが、本作は徹底的なリアリズムに満ちています。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。