スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【定期】9月4週目のお気に入り

2012年09月29日 23:59


 こんにちは、mayaです。
 こないだ電撃大賞の応募要項を見てみたら、賞金が300万円にUPするのと同時、第20回だけ限定で電撃学校大賞というイベントを開催するとのこと。とうに学生時代を離れたおっさんにとっては、何とも楽しそうな企画です。いいなあ……電撃会社大賞とかもやらないかなあ。たとえば、電撃文庫の今後のビジネスモデルを募集したり、あぶれた作家のセカンドライフプランを提案したり、いかに税金を掠め取られないような事業プランを作ったり……夢がないなあorz
 さて、9月4週目の個人的にお気に入りメモを残します。


【小説】
 
光圀伝光圀伝
(2012/09/01)
冲方 丁

商品詳細を見る
 
 四週間かけてやっと読んだどー。pp751に及ぶ大長編。さすがに電車で立ち読みできないので(アレステア・レナルズ以来の指の痛みに遭遇……)、寝る前とかにちまちま読んでいました。でも、すげー面白いんですよ。特に少年時代の勝気なやんちゃぶりなんか、世子というアイデンティティにぶつかって、乗り越えて、義を問い、不義に悩み、あるいは最良の伴侶を得てといったふうにそれこそライトノベルの成長譚みたいな瑞々しさも手伝って、ページを手繰る指が止まらない。おかげさまで不眠のまま仕事をしたことが何度あったか……。作品に変化が出てくるのは、地の章のラストから。父が亡くなり藩主を継いで、それまで世子を意識しながらも、己、兄や父といった個人しか見つめることのできなかった光圀が藩政改革に直面し、しだいに世界と対峙していく。波飛沫のような躍動感はなくなっていきますが、代わりに儒学や史書等の色どりが加わり、儒哲と政治の世界の思惑にぶつかり、作品にずしりとした錨のような重みが出てきます。最後に死別や老いまで描き切っているところも見事。『天地明察』から読んでいるファンにとっては安井算哲がちらりと出てくるところににんまりするかもしれません。いずれにしても、『ばいばい、アース』で「実存」を多用してアイデンティティを問うていた冲方さんが十年後に『光圀伝』にたどり着いた心境について思うと、何だか胸にこみ上げてくるものがあります。さらに十年後、冲方さんは何を書いているんだろうか。

 
アレクシア女史、埃及(エジプト)で木乃伊(ミイラ)と踊る (英国パラソル奇譚)アレクシア女史、埃及(エジプト)で木乃伊(ミイラ)と踊る (英国パラソル奇譚)
(2012/09/20)
ゲイル・キャリガー

商品詳細を見る

 シリーズ五作目で完結編ですね。前巻で臨月迎えているにも関わらず散々に暴れまわって、もうこれで大円団でもいいなじゃないかと思っていましたが、今巻もさらなるジェットコースターノベルになっています。正直、川野靖子さんによる「訳者あとがき」に載っている最初の七行が見事に作品内容と読者の思惑を書き切っていて、それで十分なような気もしますが、ただ、どちらかというと、これまでのシリーズで出てきた伏線のつなぎと、ちび迷惑ことブルーデンス嬢のどたばた紹介といった趣きもあったように感じたのは気のせいかな。おそらく、いずれブルーデンス編でのスピンオフ等が出ることに期待して、今はこのアレクシア女史のはちゃめちゃな冒険の幕を閉じましょう。時間があったら全巻含みで詳しいレビューを書きたい作品です。


【漫画】
 
声優かっ! 10 (花とゆめCOMICS)声優かっ! 10 (花とゆめCOMICS)
(2012/09/20)
南マキ

商品詳細を見る

 帯を見ると、「シロ覚醒――!!」とのこと。ここ最近は男装が続いていたので、もっと女の子なシロをもっと見たいなあと思っていたら意外と女の子シロが多くて満足。というか、そろそろ男装シロと女の子シロとの狭間で一悶着ありそうな予感。キーマンは千里くんじゃなく、瑞希くんのような気がします。

 
神様はじめました 13 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 13 (花とゆめCOMICS)
(2012/09/20)
鈴木ジュリエッタ

商品詳細を見る

 秋からアニメ開始というわけで、1巻から13巻まで一気に大人買い。でもって一気読みはじめました。最初は奈々生さんが何もできない土地神さまなのにいたるところに顔を出しては失敗して、巴衛くんに尻拭いをしてもらっているところにちょっとばかし首を傾げていましたが、出雲編が終わって神様としての貫禄がちみっと付き始めたあたりから、奈々生さんと巴衛くんのいちゃラブっぷりをにやにや見つめる作品に……。色々とごちそうさまです。個人的にお気に入りのキャラクターは皇女(ひめみこ)さんなので、12・13巻はまさに待望の巻でした。さて、来月連続刊行される14巻ではついにいちゃラブに楔を打ちつける回になりそうです。アニメの方も期待ですね。

 
昭島スーサイド☆クラブ 1 (チャンピオンREDコミックス)昭島スーサイド☆クラブ 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2012/09/20)
菅原 キク

商品詳細を見る

 アキバBLOGさんで紹介されていて気になっていた作品。昭島市が外務省から渡航禁止地域Aランクあたりに指定されそうな雰囲気で、世界観的に色々とぶっ飛んでいるところはまあご愛敬。一巻ということで仲間の宍戸兄妹の背景が見えてこないのは残念ですが、とりあえず垣之内さんのパンツ見せ登場はめちゃ可愛い。魔法少女である垣之内さんに何ら特殊な力がないのとてもいいですね。殴られたり、ひんむかれそうになったり、そんな厳しい現実を受けても、垣之内さんが何を目指しているのか。宍戸くんが示唆していましたが、俄然、わたし気になります。

 
娚の一生 4 結婚 (フラワーコミックス)娚の一生 4 結婚 (フラワーコミックス)
(2012/09/24)
西 炯子

商品詳細を見る

 色々と批判もありながらも前巻で一応完結はしているので、今巻は結婚後のボーナストラックといったところ(掲載雑誌でもスピンアウトとして発表されていたようです)。実際に、焦点は海江田夫婦周辺のキャラクターたち(園田さん、西園寺さん、海江田さんの男友達)に当てられていたり、海江田夫婦の三十年前のエピソードだったり、逆に十数年後のものだったり(二人の子供が登場!)と、二人の挙式シーンも出てきますが、いわゆるファンブックに近いかもしれません。とりあえず、海江田息子のスピンアウトが読みたい。うん。

 
テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)
(2012/09/25)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る

 まさかこのネタが五巻も続くとは……と誰もが驚く本作品。映画化の影響か、そろそろお風呂ネタはなくなり、ハリウッド大作みたいなアクション作品へと様変わりしていました。いったいどこに向かっているんだ……ちなみにどうでもいいことですが、さつきさんのおじいちゃんがトミーリージョーンズにしか見えない。


【音楽】
 
 
STARGAZERSTARGAZER
(2012/08/07)
JAWEYE

商品詳細を見る

 NEWシングルがいつの間にかきてたー……背表紙に記載されていたライブがすでに終了していたorz とりあえず。もう、もう、めっちゃカッコいいです。

 
 SONYMUSIC(公式)より
 
Extra terrestrial Biological Entities(初回生産限定盤)Extra terrestrial Biological Entities(初回生産限定盤)
(2012/09/19)
EGOIST

商品詳細を見る

 ギルクラ提供曲以外にも試聴したらなかなか良い曲が揃っていてGET。イントロダクションの「原罪の灯」を除いて前半がアッパー、「Ce que j'aime」から後半がバラード。とはいってもバラードは二曲とも発表済み楽曲です。ギルクラ二期OP以外に気に入ったのは、「雨、キミを連れて」と「LoveStruck」。ちなみにブックレットからジャケットから全てギルクラ仕様。EGOISTってギルクラ専用バンドでしたっけ?(秋アニメ『PSYCHO-PASS』のEDが決まっていた!)


【ゲーム】
 
イース セルセタの樹海 イース生誕25周年記念パック (描きおろしヒロインカレンダー・ドラマCD『イース セルセタの樹海』・音楽CD『イース 古今曲集(仮)』・クロスクリーナー『アドルの世界地図』 同梱)イース セルセタの樹海 イース生誕25周年記念パック (描きおろしヒロインカレンダー・ドラマCD『イース セルセタの樹海』・音楽CD『イース 古今曲集(仮)』・クロスクリーナー『アドルの世界地図』 同梱)
(2012/09/27)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

 公式通販でGET。商品紹介に記載されているもの以外にも、『空の軌跡』のB5サイズのクリアファイルがついていました。絵師は誰かなあ。エナミカツミさんじゃないのは確かなんだけど、どっかで見たことあるんだよなあ。何にしても仕事が忙しい為、ゲームは来週にちらちらとやって、後は年末まで持ち越しかなあorz


【その他】
 
 打首獄門同好会『私を二郎に連れてって』
 お金があるときはスキーに連れていってあげられたのに……というか、色々とツッコミどころ多数。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。