スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【音楽】加藤達也『境界線上のホライゾン ORIGINAL SOUND TRACK 2』(LANTIS)

2012年10月09日 21:25


 境界線上のホライゾン_ORIGINAL SOUND TRACK 2_BOOKLET
『境界線上のホライゾン ORIGINAL SOUND TRACK 2』(2012/10/10)
 TVサントラ、加藤達也
※10月9日現在、Amazonの商品詳細の画像が上がっていない為、公式の画像より転載。

DISC01
01. あなたと踊る妖精国家
02. 手を伸ばし輪に誘う
03. 焦熱領域
04. たとえ前が暗くても
05. たとえ邪魔されても
06. 格好悪さは人の好さ
07. 忘れはしません
08. 賑やかな日々の中
09. いつかの別れは未来形
10. それでいいと思っていたら
11. 強制逆転
12. 手を取って輪を出よう
13. 決意を秘めて
14. 発信は城の中
15. 鐘が私の心を呼んで
16. チープな意気は高得点
17. 迫る運命の足音よ
18. 彼女に告げて
19. それじゃ嫌だと思っていると
20. 振る舞いは朝のように
21. 待つ心は夜明けを望む
22. 楽も苦も共にするならば
23. Jud.

DISC02
01. 無敵の風が吹き
02. 勇気もて立ち向かう
03. 咆哮は月の銀
04. 疾風は影の黒
05. Save you from anything
06. 幸いに咲く白の花
07. 意思よ届いて
08. 力を見つけて
09. 何もかも無駄ではなく
10. 烈火色の意地の果て
11. 躊躇い無く飛び込むのは
12. 幸いが咲ける場所
13. ZONE//ALONE(TVサイズ)
作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:菊田大介(Elements Garden)歌:茅原実里
14. 悲しみは誰の願いでもない(TVサイズ)
作詞:畑 亜貴 作曲:原田篤&fandelmale (Arte Refact) 編曲:矢鴇つかさ (Arte Refact) 歌:結城アイラ
15. ソラノウタ(TVサイズ)
作詞・作曲:奥井雅美 編曲:東タカゴー 歌:奥井雅美
【ボーナストラック】
16. 通し道歌 ・インストバージョン
17. 感情の至る道・インストバージョン
18. 通し道歌・ダンスインストバージョン
19. 通し道歌・小声バージョン
歌:ホライゾン・アリアダスト 作詞:川上 稔 作曲・編曲:加藤達也 歌:ホライゾン・アリアダスト (CV.茅原実里)
20. 通し道歌・ピアノソロバージョン
21. 加速の屋根上・インストバージョン
22. 空を行けば翼があり・インストバージョン
23. 今だから思い出す・ライトアレンジバージョン
24. 境界線上へと・ライトアレンジバージョン
25. 後悔の届く道上へと・ライトアレンジバージョン
26. 感情の至る道・ライトアレンジバージョン

※収録曲リストは公式より転載。
※アニメ『境界線上のホライゾン』の「オフィシャルCD」から「オリジナルサウンドトラック」紹介ページはこちら


※「境界線上のホライゾン」Original Sound Track2 試聴(LANTIS公式)



 こんにちは、mayaです。
 わたしが小さい頃のアニメサントラといえば、浦上靖夫さん、川井憲次さん、田中公平さんあたりが、一昔前ならば菅野よう子さん、岩崎琢さん、梶浦由記さんあたりがとても勢いがあって良い作品を量産していました。ところが、昨今、深夜アニメが増えてきて、そんな勢力図がずいぶんと変わってきて、世代交代が進んでいる感じがします。

 たとえば、澤野弘之さん。もともとアニメに限らず活動なさっていましたが、『戦国BASARA』から始まり『ギルティクラウン』までここ最近のアニメサントラで最高の仕事をしている一人と言えます。あるいは神前暁さん。もともとはゲーム音楽をやっていた方ですが、『涼宮ハルヒ』の「GOD KNOWS…」以降、メジャーな作品でよくお名前を見かけます。他にも『とある魔術の禁書目録』等のI'veの井内舞子さんや、直近だと『新世界より』のEDを担当していた尾崎力さんも要注目ですが、今年は何といっても、『境界線上のホライゾン』の一期と二期の劇伴を担当した加藤達也さんの年だったんじゃないかなと思います。

 実際、二期の劇中で使用されていた曲でも、「決意を秘めて」や「Save you from anything」では疾走感に溢れ、「あなたと踊る妖精国家」、「焦熱領域」や「たとえ邪魔されても」では戦闘シーンを強く、激しく盛り上げ、さらにメアリと点蔵のテーマ曲である「幸いに白く咲く花」でもしっとりと二人のシーンを締めてくれて、アニメを最高潮に引き立ててくれていました。

 また、ブックレットもとてもGOODです。基本、アニメサントラのブックレットには監督や劇伴家のコメントが掲載されることが多いわけですが、本作には一期から引き続き、原作からおなじみのアイコンによる実況通神が付いてさらに賑やかしてくれます(川上稔さんはいったんどんだけ仕事熱心なんや……)。ちなみにそんなコメントの中で一番笑ったのが、DOGEZAのテーマこと「強制逆転」と、珍しい直政ツッコミの「発信は城の中」、誾さんが疑似SHIT表現をかます「勇気もて立ち向かう」でしょうか。ミニアイコンの実況通神は相変わらず文字通りの神クオリティです。

 そうそう、一期のブックレット表紙はホライゾン・アリアダストの涙をクローズアップしていましたが、今回の表紙はメアリのうれし涙が溢れんばかりに散っています。くそ、くそ、点蔵めっ……(壁ドン)。あれ? てことは、三期をやるとしたらブックレットの表紙は誰になるんだろう……ミトツダイラか、意外にネイトママンか。もしくは義経、アンヌたんあたりか(そして松永のおっさんの泣き顔だったら不買運動起こす)。

 さて、一聴してのめちゃお気に入り楽曲は、個人的一期BESTの「燃焼回路」のVER.2と公式表記があった「焦熱領域」、同じく「加速の屋根上」継承曲である「手を取って輪を出よう」、それと「行こうぜ皆」のVER.2「Jud.」。また一期にはなかったタイプの「それでいいと思っていたら」、それと今期の戦闘音楽で一番GOODな「鐘が私の心を呼んで」と、ボーカル曲に外れなしの「Save you from anything」、二期のテーマとも言える「幸いに白く咲く花」。そして何より、実況通神にさえ「この曲が最も好きという人も多いんじゃないでしょうか」と記載された「決意を秘めて」。

 もちろん、前作もそうだったんですが、これから何度も聞いていくうちにお気に入り曲は増えるのは間違いなく、これで後半年は戦えるというものです。しかも、明日はついにⅤ巻の<下>が発売。これはもうサントラ聴きながら一気読みしろってことですね、川上先生!

 そんなこんなで、わたしは今後も加藤達也さんを追いかける所存でございます。
 でも、加藤さんってフリーなのかな、それともどこかの制作会社に所属しているのかな。公式HPも持っていないから、全く動向が分からんぜよ……



【関連商品】
 
TVアニメ 境界線上のホライゾン オリジナルサウンドトラックTVアニメ 境界線上のホライゾン オリジナルサウンドトラック
(2012/01/25)
TVサントラ、ホライゾン・アリアダスト(茅原実里) 他

商品詳細を見る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。